20年前北海道の道東をキャンプしながら周っていた頃の気持ちを思い出させてくれた島、ニューファンドランド。北海道の1.5倍の大きさで、さらにダイナミックな自然が広がります。日本語のニューファンドランド島の情報が少ないので勝手に紹介しています。

8/24/2014

Cape St. Mary's - before sunset

雲の切れ間から岬を照らす夕日。

8/17/2014

Cape St. Mary's - Flying Gannets

何万羽ものシロカツオドリの鳴き声が岬に響き渡ります。

灯台の霧笛が海の遥か彼方へ吸い込まれていきます。

8/07/2014

Cape St. Mary's - Gannets, Bird Rock



ケープ・セントメアリーズは、
ニューファンドランド島の中で
2番めに大きい海鳥の生息地。
島内には他に五ヶ所、海鳥の
保護区があります。


黄色い頭と純白の羽が美しい”シロカツオドリ”








断崖絶壁を埋め尽くすシロカツオドリ。
およそ6万羽といわれる海鳥と私達だけ。
時間を忘れ、その場に立ち尽くすのみ。
西に傾く太陽、激しい海風、厳しい断崖、
優雅に舞う鳥達……。

8/05/2014

Cape St. Mary's - Bird Rock

霧の中を抜けるとものすごい海鳥の鳴き声が響き渡り、目の前に”バードロック”が出現。
スタート地点の灯台がある岬の方は、まだ濃い霧で覆われていました。